自己治癒力を高められる|肌に優しいファンデーションで肌荒れ対策

自分に合った選び方

女の人

安定させた改良型

ニキビに効果的な成分がビタミンCです。昔から美肌効果が高いことで知られていますが、非常に不安定な性質を持っています。空気に触れるとすぐに酸化してしまうほか、水に溶けると効果を失ってしまいます。また、肌に浸透しにくいため、せっかくの効果を得られないデメリットがあります。それらの不安定な性質を改良したのが、ビタミンC誘導体です。ビタミンCを化粧品に配合できるようになったほか、肌に浸透しやすい性質に生まれ変わっています。ニキビに悩まれている方は、ビタミンC誘導体が配合された化粧水を使用してみてはいかがでしょうか。ビタミンC誘導体配合の化粧水を選ぶ際には、成分表示を確認するようにしましょう。主に3つの種類があり、それぞれ効果が異なっています。

3つの種類と効果

ビタミンC誘導体で最も多い種類が水溶性です。水溶性ビタミンC誘導体は、即効性が高いメリットがあります。すぐにニキビに作用するため、少しでも早くニキビを改善したい方に適しています。しかし、皮脂分泌を抑制する効果も持っており、乾燥肌の方が使用するとより乾燥してしまう恐れがあります。ヒアルロン酸も配合された化粧水を選ぶことで、肌の乾燥を防ぐことができます。水溶性とは異なった効果を持つのが、親油性ビタミンC誘導体です。乾燥肌の方でも安心して使用できるほか、肌への浸透性が非常に高い性質を持っています。ただし、化粧水にはあまり使用されていないほか、さっぱりした使用感ではありません。水溶性と親油性を合わせたのが、両性ビタミンC誘導体です。即効性と浸透性を両立していますが、価格が高い傾向があります。価格が高い化粧水を選ぶ際には、両性ビタミンC誘導体であるかを確認するようにしましょう。