自己治癒力を高められる|肌に優しいファンデーションで肌荒れ対策

抗酸化作用の強い化粧品

化粧水

有効成分を安定化

ビタミンCは抗酸化作用が強く、アンチエイジングや美白効果が高い栄養素として知られています。サプリメントとしても人気ですが、そのままの形では非常に壊れやすいという欠点があります。また人間の肌は水をはじく性質があるので、水溶性のビタミンCはほとんど吸収されません。ビタミンCの多い野菜や果物で肌をパックしても、効果はないので注意が必要です。ビタミンc誘導体は吸収されてから、体内でビタミンCに変化する物質のことで、種類は一つではありません。いずれもビタミンCより安定していて壊れにくいことや、肌から吸収されやすいことがメリットです。現在では化粧水やクリームなど、多くの化粧品にビタミンc誘導体が配合されています。

濃度や浸透力で選ぶ

代表的なビタミンc誘導体には、アスコルビン酸グルコシド・テトラヘキシルデカン酸アスコルビル・パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)などがあります。特にAPPSは皮膚への浸透力が高いことで知られ、アプレシエという別名で化粧品の成分として注目を集めています。メラニン色素の沈着を防ぎ、コラーゲンの産生を助けて肌のハリを取り戻すなど、さまざまな効能が期待されています。ただしビタミンc誘導体は、皮脂の分泌を抑制する作用もあります。脂症の方には向いていますが、乾燥肌の方には浸透力の高い化粧品は強すぎる場合があります。自分の肌タイプを考えあわせて、浸透力や濃度の高すぎない製品を選ぶことも大切です。