自己治癒力を高められる|肌に優しいファンデーションで肌荒れ対策

自分に合った選び方

女の人

不安定なビタミンCを改良し安定させたのが、ビタミンC誘導体です。ニキビに非常に効果を発揮するため、日頃の肌ケアに取り入れましょう。ビタミンC誘導体には3つの種類があり、化粧水を選ぶ際には成分表示を確認することをおすすめします。

もっと読む

抗酸化作用の強い化粧品

化粧水

ビタミンc誘導体は体内でビタミンCに変化する物質で、ビタミンCと同じ抗酸化作用や美白効果を持ちますが、壊れにくく吸収されやすいのが特徴です。特にAPPSは皮膚への浸透力が高く、化粧品の成分として注目されています。

もっと読む

大きな注目を集める成分

基礎化粧品

ビタミンcは酸化しやすいほか、熱に弱い性質があります。また、肌に浸透しにくいことも、ビタミンcのデメリットです。そのビタミンcのデメリットを解消したビタミンc誘導体は、美肌効果の高い成分です。多くの化粧品でビタミンc誘導体が配合されていますが、工夫をすることで自分に合った化粧品を選べます。

もっと読む

肌のことを考えて選ぶ

ファンデーション

敏感肌の人に向いている

敏感肌で、本当に肌に優しいファンデーションを使いたいと考えている人には、ミネラルファンデーションをおすすめします。最近はナチュラルメイクが流行っているので、ミネラルファンデーションは店頭にたくさん並んでいます。しかし、ミネラルファンデーションにはきちんとした定義がないので、ミネラルの成分が入っているだけでミネラルファンデーションとして販売することができます。そのため、本当に肌への刺激がない、肌に優しいファンデーションを使いたい場合は、成分もよく見てから購入するようにします。肌に優しいファンデーションを使い始めると、乾燥などの肌荒れが起きにくくなり、だんだん肌がきれいになっていきます。そのため、ミネラルファンデーションを愛用する女性が急増しています。

自己治癒力を高められる

肌に優しいファンデーションとして、ミネラルファンデーションをおすめする最大の理由は、クレンジングが不要で、石鹸で落とすことができるからです。特に敏感肌の人は、ファンデーションを落とすためにクレンジングをして、さらに洗顔をすることによって、肌が乾燥して、調子が悪くなります。それは、顔を洗いすぎることによって、肌に必要な水分や油分も失われてしまうからです。しかし、ミネラルファンデーションを使えば、洗顔は一度で済むので、肌に必要な水分や油分が残るだけではなく、肌が本来持っている自己治癒力を高めることもできます。肌が乾燥していると、しっとりした仕上がりになる高機能ファンデーションを使いたくなりますが、それが肌荒れの原因となります。